華密恋 入浴剤の販売会社 『カミツレ研究所』って?

華密恋の入浴剤の販売会社 『カミツレ研究所』って?

販売会社 『カミツレ研究所』って?

 

華密恋の薬用入浴剤を販売する会社の『カミツレ研究所』っていったいどんな会社なのか。

 

どうやらぽっと出の新米会社ではなく昭和61年から続いているようで、もう約30年ほどずっと続いている歴史のある販売会社のようです!

 

防腐剤や合成着色料、合成香料などがたくさん含まれている入浴剤がほとんどだった時代に、逆行してそういった添加物を一切含まない入浴剤を開発したのがこのカミツレ研究所。
いわゆるオーガニック系”のスキンケア商品を取り扱っているブランドですね。

 

特徴的なのが、このカミツレ研究所が販売する製品はすべて自然の力をテーマにしたものが多いです。
どうやら本社は東京都、事業所は長野県あるようですね。

 

【カミツレ研究所について】

会社名:
株式会社カミツレ研究所

 

本社所在地:
東京都江東区塩浜2-25-14

 

事業所所在地:
長野県北安曇郡池田町広津4098

 

メールアドレス:
nagano@kamitsure.co.jp

 

設立年月:
昭和61年3月

 

資本金:
10,000,000円

 

代表者:
北條裕子

 

事業内容:
医薬部外品の製造並びに販売、化粧品の製造並びに販売、食料品の加工並びに販売、茶類・清涼飲料水の販売

 

この会社は、国産のカミツレ(カモミール)を使った商品を数多く取り扱っていて、そのうちのひとつがこの薬用入浴剤のようです。
従業員は12名ほどと小規模会社のようですが対応はわりと早めで、お得に購入できるはがきを送ってくれたり、購入についての感謝のはがきも来るのでけっこう好印象です♪

 

作っている商品は、植物など自然の力を最大限に生かすような開発をしているので、化学薬品まみれのような怖い商品はまったく取り扱っていないそうです。

 

■植物の自然の力を生かしている
■天然由来の成分のみでケミカルな危険性の高いものは一切含まれていない
■使っているカモミールは、基本的に昭和55年からずっと続く信頼のある農家のものを使っている
■製造工業での製造方法はほとんどが手作業で行われている

 

シミの原因になるメラニンの生成を抑える?

カミツレ研究所は、とくにこのカモミールに重点をおいて、大学や第三者機関と連携してこのカモミールの効能について研究されているようです。

 

その結果、チロシナーゼという肌のシミやくすみ(メラニンの生成)の原因を阻害する作用が明らかになったそうです。

 

要するに、カモミールは美白作用が期待できるってわけですね(^^*)

 

この会社が一番最初に開発したのは入浴剤ですが、それ以降は石鹸、保湿クリーム、シャンプーやコンディショナー、化粧水、乳液、ほかにもドリンクも開発しています。

 

ちなみに、カミツレ研究所の商品は、ネット通販だけじゃなく市販でも取り扱っているそうです。

 

>>華密恋製品の取り扱い店舗

 

ただし、注意してほしい点が以下の点です。

 

・近場の薬局やドラッグストアにはまったく置いていない
・店舗によって取り扱っていない製品がある
・初回限定のセット販売などはしていない

 

以前、入浴剤を買いに店舗を探したことがあったんですが、かなり苦労したうえに結局ほしい商品が見つからなかった苦い経験があります…

 

まず、チェーン店のドラッグストアには置いていないですし、薬局にもほとんど置いていないです。

 

↑の取扱い店舗を見てもらうとわかるんですが、販売している店舗は東急ハンズやロフト、ナチュラルハウスなど大きなモール店などがほとんどなので、住んでいる地域によっては遠出する必要があります(汗)

 

また、販売しているショップを見つけても、肝心の商品が見つからない場合もあります。
わたしが横浜の東急ハンズに探しに行ったときも、結局欲しかった入浴剤が売っておらず、結局ネットから購入しましたからね(^^;)

 

ネットならすべての商品が購入できるし、買いに行く手間が省けるし、初回限定のキャンペーンで安く購入できるので、個人的にはネット購入のほうが苦労しませんでした。

宣伝している = 良い商品とは限らない!

華密恋の製品はテレビのCMで放送されるなど大きな露出をしたことがありません。
雑誌でチラチラ紹介されている感じです。

 

せっかく良い製品なんだからもっと大々的に宣伝すればいいのに…とは思うんですが、宣伝よりも商品の質で勝負しているのでしょうね。

 

よくテレビなどで入浴剤のCMを見ますが、宣伝されたからといってその商品が絶対に良いものとは限らないです!

 

わたしの場合、エモリカやバスロマンなどテレビでよく宣伝されているものを使ったことがありましたが、お湯がヌルヌルするわりにはお風呂から出た後は相変わらず肌がパサパサ乾燥するし、きき湯などは炭酸がヒリヒリして痛い!

 

でも、華密恋の入浴剤だと肌の刺激もなく、保湿力はそのどれよりも高いと感じたので、宣伝しているからきっと良い商品なんだろうな…とは考えないほうが良いかもしれません。

 

それに、この入浴剤は人気がかなりあるのか、昭和61年から続いて今もなお売れているロングセラー商品です!
カミツレ研究所のほかの商品はまだ試したことはありませんが、入浴剤が好感触だったのでほかのもわたしには合いそうです(^^*)